A pocket notebook to write whatever I love - scandinavian stuffs, travels, interior and daily life
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
一足早く
「秋旅。」

仕事で1週間ほど、ブリュッセル(+ゲント)に行ってきました。フリーになれる時間は全くなかったので、ココで書けることも全然なく・・・とりあえず、初ベルギー記念に写真だけアップ。ベルギーは夏のカケラなんてもう残っていなくって、既に秋到来。一足早く秋の雰囲気を満喫・・・とはいえ、薄手のコートがないと震えるぐらいの気温。なのに、ロストバゲージで最初の3日間は飛行機内用に、と持ち込んだニットジャージで耐えしのぎました。風邪、引きかけました。あんな惨めな経験は二度とゴメンです。

belgium

travel 2007 (Japan & Belgium) comments(3) trackbacks(0)
夏休み2
「金沢ノ街ヲ歩ク。」

kanazawa

初めて訪れた金沢の街。戦火を免れたその街には、貴重な古い茶屋が残っています。そんな風情ある金沢に3年前できたのが、21世紀美術館。『まちに開かれた公園のような美術館』をコンセプトとした美術館は、ガラスがたくさん使われていたり、円形だったり。どこかに「繋がり」を感じる造り。

21 century museum
壁を覆うように、アサガオが咲き、このウォールグリーンが印象的でした。外は暑かったけれど、これを見ているだけで涼しくなるような、そんな爽快感。床に映った影すら、アートに思えたり。この旅で撮った写真のなかでいちばん好きな写真の2枚がこれ。


21 century museum
そして21世紀美術館に行ったのなら、これを逃すわけにはいかない (!?) Leandro Erlich による、スイミングプール。強化ガラスに水を張っていて、プールの上と下、両方で作品を体感できます。「プールの水面を境界とし、その地上と地下で人と人が出会う」(パンフレットより)・・・。やっぱりこれも「繋がり」なのね。そうそう、レクチャーホールにはアントチェアがこれまた「繋がって」整列。セブンチェアもアントチェアも、たくさん並べると一層、その形の美しさが引き立つ気がします。

その他、現在開催中のグレイソン・ペリー展の中では、キルトやコスチュームが気になりました(残念ながら、写真はNGだったのでないのですが)。どれも毒があるんだけれど、憎めない。そんな感じでした。

*とあるブログへの投稿を頼まれたので、同じ内容をそのブログに載せてイマス。
travel 2007 (Japan & Belgium) comments(4) trackbacks(0)
夏休み
「暑イ・・・。」

shibukawaguri  shibukawaguri

月・火と夏休みを利用して、昨年の沖縄旅行に続いて家族旅行をしてきました。行き先は、金沢(と、東尋坊)。一度行ってみたかったところだったので、それは楽しみにしていたのですが・・・。暑過ぎました、このお盆。北陸も例に漏れず、気温は35度。この炎天下の中、観光するのはいささか酷、というもので。ちょっと私のテンションも下降気味(?)、な旅になってしまいました。

kawamura
夏休み最後となった今日は、のんびり写真の整理と買って来たお菓子(金沢は美味しそうな和菓子の宝庫でした!)をつまみつつ、のんびり過ごしました。もちろん、クーラーは一日中ON。ほんと、この暑さは一体何なんでしょう。さて今日のおやつは、にし茶屋街にある甘納豆専門店「かわむら」で買って来た、しぶ皮栗。器は、金沢を意識して(笑)辻和美さんの小皿で。お茶はもちろんだけれど、コーヒーも合いそうな上品な甘さ。しつこくなくって美味しい。他にもたくさんおやつを買って来たから、これから毎日会社から帰宅後の夜のおやつ時間が楽しみなのです。
travel 2007 (Japan & Belgium) comments(4) trackbacks(0)
| 1/1 |