A pocket notebook to write whatever I love - scandinavian stuffs, travels, interior and daily life
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
日帰り旅行 鎌倉編3
「ユッタリ、ノンビリ時間。」

osaragi sarou  osaragi sarou

osaragi fuji
今回大仏も見ず、お寺巡りもしなかった(!)鎌倉散策の締めくくりは、大佛茶廊。入り口の「大佛茶廊」という表札がなければ、古い建物のお宅にしか見えないカフェ。それもそのはず。作家大佛次郎が所有していた家を、インテリアショップIDEEの協力のもと、カフェとして生まれ変わらせたから。数寄屋造りの建物に面した庭には、木々がたくさん植えられていて。私がちょうど訪れたときは、藤棚の藤が見事に咲いていてとってもキレイでした。

osaragi coffee
親しい知人の家を訪ねて来たかのような錯覚を覚えながら、ゆったりとコーヒーを頂く時間。それは、日々の忙しさを忘れる時間でもあって。ごろん、と寝転がったり(笑)、ふと庭に出て「散歩」したり、そしてまた部屋に戻ってコーヒーを飲んだり。季節が変わるごとに、庭の表情も変わるからその都度行ってみたいカフェです。>>江の島編へ続く
travel 2006 (Japan) comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








>mirupuriさん
入るのにドキドキしてしまったんですけれど、
お店(?)の人もほんわかしていて、
友達のお母さんみたいな感じで(笑)。
オススメです。
今度は読書とかしたいなぁ、なんて。

>siestaさん
何部屋かあるみたいなので、次は違うお部屋がいいなぁ、と。
私は和室だったんですけれど、洋室のお部屋もあったみたい。
(庭からチラリ、と覗いてみました・笑)
台湾にもこういうところ、あるんですね〜。
台湾も行きたいなぁ。
あ、江の島編も「食」です。(爆)

>sakesijiさん
鳩三郎、いいですよ〜。
普段、携帯にはストラップをつけない派だったんですけれど、
このカワイサにやられてつけちゃいました。
スワロフスキーのモチーフも一緒につけて
「成金鳩三郎」と化していますけれど(笑)。
鎌倉、掘れば掘る程、いろいろ出て来そう〜。
from. scandinavianist | 2006/05/18 10:46 |
鳩三郎欲しい><!!
大佛茶廊もステキですねー
これはもう鎌倉行くしかないですね^^
from. sakesiji | 2006/05/17 13:15 |
このカフェいいですねー。
台湾に昔の日本家屋をそのまま使った茶芸館があるのですが、同じような雰囲気です。藤棚があったり、畳の部屋だったり。
古い家を簡単に壊して建て替えないで、こうやって手を加えながら大切に使っていくのはいいですね。

鎌倉(食!?)紀行を読んで、疑似鎌倉旅行体験しています(笑)
鳩の落雁、私も大好きなので食べたくなりました。
次の江ノ島編も楽しみー。またおいしいものが紹介されるかな?
from. siesta | 2006/05/16 11:39 |
大佛茶廊、行かれたんですね〜。
私もずっと中に入ってみたいと思いつつ
まだお茶したことないんです。
ごろんと寝転がれるんですね(笑)
from. mirupuri | 2006/05/15 22:02 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://scandinavian.jugem.jp/trackback/230
<< NEW | TOP | OLD>>