A pocket notebook to write whatever I love - scandinavian stuffs, travels, interior and daily life
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
夏休み2
「金沢ノ街ヲ歩ク。」

kanazawa

初めて訪れた金沢の街。戦火を免れたその街には、貴重な古い茶屋が残っています。そんな風情ある金沢に3年前できたのが、21世紀美術館。『まちに開かれた公園のような美術館』をコンセプトとした美術館は、ガラスがたくさん使われていたり、円形だったり。どこかに「繋がり」を感じる造り。

21 century museum
壁を覆うように、アサガオが咲き、このウォールグリーンが印象的でした。外は暑かったけれど、これを見ているだけで涼しくなるような、そんな爽快感。床に映った影すら、アートに思えたり。この旅で撮った写真のなかでいちばん好きな写真の2枚がこれ。


21 century museum
そして21世紀美術館に行ったのなら、これを逃すわけにはいかない (!?) Leandro Erlich による、スイミングプール。強化ガラスに水を張っていて、プールの上と下、両方で作品を体感できます。「プールの水面を境界とし、その地上と地下で人と人が出会う」(パンフレットより)・・・。やっぱりこれも「繋がり」なのね。そうそう、レクチャーホールにはアントチェアがこれまた「繋がって」整列。セブンチェアもアントチェアも、たくさん並べると一層、その形の美しさが引き立つ気がします。

その他、現在開催中のグレイソン・ペリー展の中では、キルトやコスチュームが気になりました(残念ながら、写真はNGだったのでないのですが)。どれも毒があるんだけれど、憎めない。そんな感じでした。

*とあるブログへの投稿を頼まれたので、同じ内容をそのブログに載せてイマス。
travel 2007 (Japan & Belgium) comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








KAOさん、こんにちは。
21世紀美術館、楽しいですよね。
でも、スイミングプールで皆が写真を取ろうと列をつくっているのに、それを全く気にしないギャル3人組がいて・・・
彼女たちの写真大会が相当長く続いて、何だかなーと思ってしまいました。
ってここで愚痴ってもしょうがないんですけれど。
金沢、私もまた再訪したいところのひとつです。
from. scandinavianist | 2007/11/03 08:12 |
私も先週金沢へ行ってきました。
21世紀美術館は面白いですね。
今回は2度目の訪問でしたが、
何度も再訪したい所です。
もしよかったら私のレポートも覗いてみてください☆
from. KAO | 2007/10/28 11:34 |
CAKE☆さん、こんにちは〜。
お褒めのコトバありがとうございます。
でも、写真全然ですよ。
まだ上手く取れないときのほうが多いですし〜
from. scandinavianist | 2007/09/02 09:37 |
どの土地に行ってもNISTさんの手にかかればARTですね^^お気に入りのお写真の右側、ポストカードにしても売れますよ!間違いなく。こんなカードで残暑お見舞いのハガキだしたかったなぁと思いました。
from. CAKE☆ | 2007/08/26 22:06 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://scandinavian.jugem.jp/trackback/270
<< NEW | TOP | OLD>>